豪華絢爛、ナイトライフ、そして高品質なエンターテイメントの象徴となることができた場所は、世界でも数えるほどしかありませんが、ボンド・インターナショナル・カジノは、間違いなくその一つでしょう。長い年月を経て、豪華なパーティーや大規模な集会を象徴する場所になっただけでなく、ニューヨーク全体のシンボルにもなりました。その経緯に関心のある方は、ぜひご一読ください。

 

2つの世界大戦の間に

このクラブが初めて日の目を見たのは1930年代初頭のことで、当初は1,600人を収容できる「インターナショナル・カジノ」という名のキャバレーでした。しかし、カジノとは名ばかりで、ギャンブルや運任せのゲームとは全く関係のない場所でした。珍しい飲み物を飲んだり、友人と踊ったり、話題の新作舞台を見に行ったりする場所だったのです。毎週金曜日と土曜日には、新しいショーが開催され、俳優やダンサーだけでなくあらゆるジャンルのエンターテイナーが自分のスキルを披露するために訪れました。この場所が人々の間で高い人気となったのも驚きではないでしょう。

 

衣料品工場

残念ながら、派手なパーティーや魅力あふれるダンスショーはあまり長くは続きませんでした。第二次世界大戦後、ボンド・クローズ社(Bond Clothes)がこの場所を買い取り、衣料品工場にしたのです。しかし、建物の外観はまだかなり高級感がありました。ボンドの看板の両脇には巨大な像が2つ飾られ、Oの文字の中には巨大な時計が設置されました。また当時はネオンが流行し始めた頃で、ボンドの看板のすぐ下に置かれた白黒のスクリーンでニュースを読むこともできました。

新たなスタート

衣料品工場は1970年代後半まで続きましたが、その後数年間は空きスペースとなっていました。その間、建物の外壁は巨大な広告塔として使われ、有名企業が自社製品を宣伝していました。その後建物のオーナーが変わり、それまでの2つの名前を合体させて新たな名前をつけました。こうしてボンド・インターナショナル・カジノが誕生したのです。この建物は、当時市内最大のクラブスペースであり、雑誌では「ダンスフロアのあるショッピングモール」と称されるほどでした。 

 

近代の出来事

その後の数十年間、ボンド・インターナショナル・カジノではさまざまなイベントが開催され、年齢層や職業を問わず毎年何百万人もの人が訪れました。最も評判の良かったイベントは、1981年に行われたクラッシュのコンサートでしょう。彼らは8夜連続で演奏することになっていましたが、運営側はクラブの収容人数が約1,500人であったにもかかわらず、わざとその2倍のチケットを販売したのでした。その結果、クラブの前で待っていた群衆が交通を妨害するほどになり、警察が介入する事態となってしまいました。最終的には、クラッシュが18夜連続で演奏することに同意し、すべて丸く収まりました。